クワ若葉トカラノコギリ飼育奮戦記   

 
第1話  2000/01/07
第2話  2000/01/188
●購入するまでのいきさつ

初めての
トカラノコギリとの出会いは、1冊の本からだった・・・
kuwakaw2.jpg (90907 バイト)
楽しく育てるクワガタムシ
成美堂出版 875円+税 ALLカラー97ページ

99年夏に楽しく育てるクワガタムシの表紙のトカラノコギリを見て、どうしても欲しくなり、あちらこちらのホームページめぐり・・・で見つけ、喜んだのも束の間、購入しようとした真夏は熱い時期であった。
真夏の温度での発送は、まずかろうと、ぐっと我慢の子である私・・・(^^ゞ
しばらくは辛抱して8月も終わろうかとしたので、
よ〜し購入するぞと、以前見つけたホームページを開くと・・・なななんと売りきれになっていた・・・滅茶苦茶ショック・・・(T_T)
しかたがないので諦め気味モードで再度ホームページめぐり、あっ、あった嬉しい・・・(´▽`)
すぐに2ペアを注文する。

それから数日後、まだ残暑がきびしい日、自宅のチャイムがピンポーン・・・来た!!
まだ暑いさかり、死着のことも気に掛かり恐る恐る箱を空けると・・・おぉ〜まさしく、雑誌の表紙で見た
トカラノコギリ実に綺麗・・・めちゃ感激モード・・・(T_T)

●購入固体
トカラノコギリ(悪石島産)
tokara_1.jpg (6331 バイト) 
標本で保存
Tokara.jpg (6831 バイト)←ここが先割れ
恥ずかしいので写真編集でカットしました。
   65mmA品ペア完品     70mmB品ペアやや羽化不全

70mmB品はの羽先割れだが、交尾は65mmA品とさせよう。・・・1人納得モード


●最初のショック
いつ見ても綺麗な
トカラノコギリ、毎日ケースから取り出しては、にんまりとしていた。
ところがケースに戻してもすぐにマットへ潜ってしまう?
なぜだ???
良く調べたらノコギリって

「羽化した夏から更に次の夏までは蛹室で飲まず食わずで1年じっとしていてようやく次の年の夏出てきて活動する。」

羽化したのが春ということだったので理由が・・・判明

私のHPのどうやったらそだつねんの "ノコギリクワガタ飼育講座参照" 
くわかだ狂の大馬鹿者達
ノコギリクワガタ飼育講座      月刊クワガタ狂1998年04月号
ノコギリクワガタ飼育講座の補足 月刊クワガタ狂1998年07月号

そうかなるほど・・・うんうん休眠中にいたずらに触ったりすると、無駄なエネルギーを消費してしまい。休眠途中に死ぬことがあるのか・・・うんうん
家の
トカラノコギリは大丈夫、元気元気・・・と、ふとケースを見ると、ガーンひっくり返っている・・・(T_T)

しかも交尾用に期待していたA品の♂があああぁぁぁ・・・ショックモード・・・
ところが1週間ほど経ってケースを見ると・・・うあああぁぁぁ♀までもひっくり返っているぅぅぅ・・・大ショックモード・・・
私自身もひっくり返る・・・あああぁぁぁ・・・(T_T)

しばらく経過・・・頭ん中真っ白状態・・・ふと我に返り、待てよ残りのB品♂はやや羽化不全このままでは☆になる可能性がある・・・
ここは封印をして暗い床下収納の奥へ、
しばらくは触らないぞ・・・心に誓って
しかし、すぐに誓いは崩れてやっぱり毎日ケースを見て・・・凝りないやつ・・・あはは

●産卵準備
そうこうしていると日数が経ち、ふと頭に考えがよぎった、このまま越冬させた場合にはB品の♂が持たなくて☆になったらどうしょう・・・困った。すでにシーズンオフ、どのホームページでも親など売っていない、しかも
トカラノコギリである。・・・困った。
そこへひらめきが・・・ピーン
そうかチューリップの球根は冬の寒さに当って初めて春に芽を出すと聞いたことがあるぞ、ということは、
♀を冷蔵庫に入れて強引に冬を経験にさせれば良いのか・・・1人納得モード
しかし問題が一つあるぞ・・・

嫁さんにどう説明するかだ・・・困った困った困った。
そうだ、菌糸プリンカップを食用きのこのカップだから安全と言うことで・・・今使わないので長期保存のため、冷蔵庫で保管する必要があるとお願いしよう。せっかく作った菌カップを捨てるのは勿体無い・・・
勿体無いは嫁さんに効く言葉だ、そしてそこにこっそり混ぜればわかんないだろう・・・あはは
我ながらあっぱれあっぱれ・・・(^^ゞ

そう思えば速攻あるのみ・・・10月の半ば、こっそり♀をカップに混ぜてセット、2週間ほど冬を経験させて見れば良いだろうと。・・・自己流

2週間後、冷蔵庫から恐る恐る取り出して確認したら、やった生きている・・・(´▽`)
それから2週間ほど後、ゼリーを少し食べた痕跡が・・・よ〜しそれではペアリング開始

●ペアリング
あちゃ〜♀が熟していないのか♂に猛反撃、♂の足をはさみ込みちぎれんばかり、
うわ〜B品の♂が死ぬ〜・・・(T_T)
何回繰り返しても♀が♂を攻撃
うわ〜B品の♂が死ぬ〜・・・(T_T)
しかたがないので産卵セットしたケースへ一緒に入れることにした。・・・やや諦めモード

●産卵セット
Q-BOX40に自家製小麦粉発酵(ちょっと失敗気味の変なにおい)マットと適当なくぬぎ産卵木を2本横向きに、マットで隠れる位にしてセット、♂と♀をケースに入れると、♀は速攻でマットの中へ、半ばあきらめモード状態・・・グスングスン
あこがれの
トカラノコギリが・・・(T_T)
それから1週間しても♀はマットに上に出てこない・・・越冬時間が短いのか・・・それとも
死んだのか・・・不安モード全開

tokara_2.jpg (6950 バイト)
産卵セットの状態(♂も同居)

●初産卵
11月23日

何気なくケースの底を見ると・・・なななんと
卵を一つ発見・・・嬉しさモード全開(´▽`)
その後ぽつぽつと産卵、後は未交尾で無制卵の可能性があるだけ
12月10日
幼虫確認・・・バンザーイ・バンザーイ  

●初回割り出しの孵化

12月12日

幼虫を親に食べられてはと、強引にケースから♀を取り出し別のケースへ引越しさせようと、ところが♀がいない、
なぜだ???
必死にマットを掻き分け掻き分け♀探し、
あっ卵がころりと、しまったたぁぁぁぁ・・・♀を探すのに夢中になりマットを一杯掘り起こしてしまった。
まずい、このままではと思いつつ、ええい強引にケースをひっくり返して、時すでに遅し♀は見つかったものの、マットに
ぽつぽつ散乱する無残な卵達・・・(◎_◎)

孵るかなぁと心配しながら(ブツブツ独り言)・・・1個毎にプリンカップにセット
この時の割り出しで、初令4幼虫と卵23個を取り出し、散乱したマットの上に自分で潰した幼虫も1頭ありました。・・・(T_T)

                 

b-top-2.gif (647 バイト)