甲虫観察 一人旅(パプアニューギニア)


こんな感じで木に・・・ すごい!!

クワ若葉のお友達が、パプアニューギニアでクワガタ・カブト
出会う一人旅をしてきました〜

で、その時の写真を公開致します。

パプアニューギニアの山深いハイランド地方(標高2500M)を
拠点にいろいろな昆虫を観察・・・・

そして   出会えたのでしょうか?

パプアニューギニア   豆知識 : 元々あったパプアとニューギニアが合併してできた国


パプアニューギニアで 生きたパプキンを見たい!! と思ったものの情報が巷にあまりなくて・・・   そこでいろいろな情報を入手するため、
書籍でお勉強〜  
「世界のクワガタ大図鑑」「大昆虫記」「クストー隊の世界探検 ニューギニア」「ぱぷわな生活」「水木しげるのラバウル日記」
などを読みながら〜
しかし、なんか関係ない本も・・・(笑)

そんなこんなで、重装備(100均の虫かごひとつで 笑 )と・・・ そうはいっても山深いジャングル、ヒルや蛇にも注意しなくてはならないので、首の周りはタオルでばっちりガード!! 靴もトレッキングシューズに新聞を巻いたりと いろいろと装備の準備は完了っと!!

2006年5月27日出発〜                                                       

万全にしたつもりが・・・   いろいろなトラブルに・・・首のタオルは役に立ったのか・・・(笑)
・山で崖から落ちたり(現地の人が間一髪で引き上げてくれました)
・海を移動中ボートが転覆しておぼれたりww (ボート横転で、電子機器が殆どダメ ・・・とほほ)
・20cm級の巨大カミキリムシに噛まれたり・・・
・世界一大きい巨大蛾に襲われたりと・・・

しかし、この旅行で不思議な体験を !!
なんと、1週間ほどずっと1匹のカブトムシ(サイカブト)と同行の旅になりました。一緒に飛行機に乗ったり、ボートに乗ったり、昆虫探しに行ったり、食事に行った時もずっと一緒でした。

そのカブトとの出会いは山からおりて、海の民のところに行こうとし、中継のホテル内で道に迷いウロウロしていると、どこからともなくブブブという羽の音が聞こえ、カブトムシっぽい音だったのでその方向に行くと一匹のカブトムシがひっくり返ってもがいていました。
そこは駐車場だったので、車が来るとひかれてしまうので急いで助けたのです。

次の朝はフライトだったのでそのまま虫かごにいれずに肩にのせて、逃げたい時に逃げていいよというスタンスで一緒にいたのですが、次の日の朝もまだベランダにいたので何か運命的なものを勝手に感じ、ずっと一緒に旅をしていました。

本当に不思議で、何度か森で虫かごの入り口を閉め忘れたことがあったのですが、それでも気づいたら私の足によじ登ってきたりして、なぜか私から離れようとしなかったのです。
そんな不思議なお友達と同行した楽しい観察旅行となったようです。   その時のクロコ(不思議なお友達の名前)は、このページの壁紙となってます。

採集して日本国に持ち帰る目的ではありませんので、またもとの自然に返してきましたよ!!

 

PAPUANEWGUINEA AIRPORTS

パブアヒラタ

パブアヒラタ  

Dorcus arfakianus

パプアキンイロクワガタ Lamprima adolphinae

サイカブト OryctesRhinoceros

ヒメカブト Xylotrupes Gideon

↑不思議なお友達のクロコ

━━━ 写真の無断転載禁止 ━━━

写真撮影 白川

どうして、パプキンを観察したくなったのか!!
以前タイ北部・ミャンマー国境近くの「首長族」に出会う旅をした時に、首長族の
女の子甲虫を紐で結んで飼っていた?
その甲虫がとても綺麗で印象に残りました。

日本に帰国後、是非自然にいる綺麗な甲虫を見たいと、パプアキンイロクワガタをパプアニューギニアまで見に行こうと思い立ったのです。
しかし、観光協会や旅行代理店では、甲虫の詳しい情報は入手できなくて・・・
まあ、後は現地の村に行けばなんとかなると・・・(笑)