クワ若葉のなんでもQ&A集


各種流通掲示板

◆クワ若葉情報掲示板 の質問で回答したものを抜粋したクワ若葉なんでもQ&A集です。
このQ&A集は、初心者が疑問に思ったことを記載しています。
クワ若葉情報掲示板でご回答頂いた皆様方には、お礼申し上げます。

下記の窓に検索キーワードを入力して下さい。

記事表示| 全件一覧| 新規投稿| (半角スペースでAND検索 例【ヒラタ 菌糸】【ヒラタ 菌糸 温度】)
カテゴリ
Moriya豆知識
コバエ
ゼリー
ダニ
ネプチューン
ペアリング
羽化不全
菌糸
計測方法
血統
採集
産地
産卵
飼育(成虫)
飼育(幼虫)
飼育(蛹)
飼育(産卵)
飼育環境
特定外来種
発酵マット
発送
標本
腐葉土
輸入
累代
-未分類-
 輸入してよいクワガタ・カブトは?特定外来種管理者
【質問】
持ち込みしてよいクワガタ・カブトは?

【回答】
農林水産省の植物防疫法で規制されています。詳しくは下記サイトで確認して下さい。
農林水産省 植物防疫所
環境省 外来生物法
【参考ページ】
規制を受けない外国産クワガタリスト
規制を受けない外国産カブトリスト

 測定方法計測方法管理者
【質問】
頭幅、前胸幅、顎幅の正しい測定方法を教えてください。

【回答】
正しい測定方法は、ありませんね、みんな各自の方法で測定しています。
ショップで購入する場合は、どの様に測定したか確認た方がトラブルは少ないです。

国産オオクワの顎幅に関しては、下記のページ内で紹介しています。
国産クワガタ 産地で極める!!

 血統について血統管理者
●血統についての考え方(私見)
クワガタによく**血統と名称が付いています。 この血統って何でしょうか?

★どんな個体?
・形の良い個体
・顎が太い個体
・顎が長い個体
・ボディの色に特徴を持った個体
・強い個体
・特定産地
・目の色が違う個体
・特定の年号に入荷した個体
・個人が自己満足で勝手に付けた個体
(基本は自慢したい個体ですね)

★では、誰が命名したのか?
・ショップ
・有名ブリーダー
・個人
・噂が一人歩き
(私が命名しましたという情報はあまり流れていませんね)

★で誰が認定したのでしょうか?
・ショップが血統を証明するカードやステッカー・書類を添付して保証しているケース
・ショップで形の良い個体に命名した名前をつけた血統(ショップ名やショップイニシャル)
・特定の時期に輸入した形の良い個体につける(入荷年号)
・個人ブリーダーが形の良い個体に、自分の名前をつけた血統
・ホームページで持ち主が血統名を告知
・オークションで販売者が血統名を告知
(ルールがないので無秩序?)

★でその認定の真意は・・・
この血統とは、まったくの一人歩きです。ショップで発行してる証明書がある個体でも
その個体と、証明書をつなぐものはありません。 クワガタのボディに刻印はないですから・・・(笑)
また保証書や証明書があってもその子孫まで保証しているものではありません。
クワカブ業界に組合システムがありませんし、血統個体は誰も責任を持って保証されていないものです。
(お金儲けの道具としてか? ただの自慢個体か? 命名者でないと真意はわかりません)

★血統をどうやって調べればいいのか?
その発信元に確認するのが、一番正しい答えを導き出せます。 第三者にはわからないものです。
(ホムペ・プログやオークションなら その血統名を出している情報発信者に問い合わせして下さい)

★血統にこだわる必要は、ないのではありませんか?
自分が好きなクワカブを飼育する、そして良い個体が生まれたのなら それはあなたの血統です。
(自分が自慢できる個体なら適当に血統名をつけてもまったく問題はありませんよ)

 国産ミヤマのブリード飼育(産卵)管理者
【質問】
国産ミヤマのブリード方法を教えて下さい。

【回答】
国産ミヤマのブリードについて累代の親であれば、羽化後半年以上休眠します。
半年間は、なるべく低温で暗い環境で湿度を保ちながら管理してください。 どうしても個体を見たいために触ってしまうことがありますが、★になりやすくなります。 
また休眠中に触らなくても★になる個体もいます。 
活動開始時期を見落としがちになりますのでゼリー等はケースに入れておいて下さい。
食べた痕跡があれば、活動していると考えられます。
累代の場合は、♂♀の活動開始時期を合わせるのが最大の難関だと思います。冷蔵庫の野菜室に入れて休眠させている方もいるようですがストレスが掛かりますね。

累代個体も、採集個体も産卵セットで大事な点は温度管理と湿度管理です。
下記のDataは参考例です。絶対の説明ではありません。

カブトマット70%と微粒子発酵マット30%を適当に混ぜ(むらが出るくらいで丁度良いと思います)、大目に加水します。中ケースの底4-5cmはマットを硬く詰め、その上に柔らかい材を1本埋めます。材産みすることは殆ど無いので、材は無くてもいけると思いますが、よく朽ちた産卵材を入れることで産卵の誘発を引き出せる可能性があります。
マットは出来るだけ深くした方が良いと思います。♀が徘徊して転倒することが多いので、転倒防止の材のかけらは多めに入れておきます。このケースを新聞紙などで遮光して、涼しいところに置いておきます。マットの湿度は大目に保ってください。
管理温度は20-21℃で、25℃以下の環境が必要です。

産卵するまでにはかなり時間がかかるので、2〜3ヶ月して、幼虫が沢山見えたら(♀は死んでいると思います)割り出します。ミヤマは卵で割り出すと孵化率が低いので注意してください。

温度を低く保つのが要点だと思われます。

 カブトの取れる場所を教えて採集管理者
【質問】
カブトの取れる場所を教えて

【回答】
カブトの採集できる場所の多くは、クワガタやヒタラ等も採集できる場所なのです。
この様に公開された掲示板で教えてしまうと、多くの人に採集場所がばれてしまい大勢の人がその場所に集まり環境を壊してしまうから教えないものなのです。
カブトなら、少し田舎で堆肥の臭いのする場所とか、しいたけ栽培している場所の近くに住んでいる子供達に聞く事をお勧めします。 しいたけのホダ木を捨てている場所や樹液の出ている木の場所やカブト・クワガタが取れる場所を知ってると思います。情報収集することでゲットできますよ!!
後は、地形図から広葉樹林を探します。(小学校の地図記号を思い出して 笑)
地図上で広葉樹林を示す記号を確認します。 サクラ、ケヤキ、プラタナス、クスノキなど、クワガタの来ない木でも表示されるため、このマークがあるからといって必ずしもクワガタがいるわけではありません。

地形図について:
国土地理院が発行しています。全国すべてのエリアをカバーしています。
25000分の1地形図、50000分の1地形図などがあります。大きな書店で入手可能です。

クワガタを見つけるポイントは、クヌギとコナラの木を見分けることです。クヌギやコナラがまばらに生えている明るく、風通しのよい場所を見ます。暗い森にはほとんどいません。
昼間に、スズメバチ、カナブンの来ている木を見つけることで、クワガタの好物は、クヌギやコナラの樹液です。この樹液はスズメバチ、カナブンも大好きです。これらの昆虫は昼間活発に活動しているので、明るい内にこのような木を見つけておけば、夜に苦労せずにクワガタに出会うことができます。
しかし、スズメバチがいたら、近づかない、刺激しない、というのが鉄則です。基本的に昼行性ですが、夜でも樹液に来ていることがあります。
樹液の臭いは一度嗅いだことがあればわかるのですが・・・

 ネプチューンの飼育の基本ネプチューン管理者
【質問】
ネプチューンの飼育について基本を教えて下さい。

【回答】
ネプチュ−ンは、カブトの中では飼育やブリードは難しい方に入ります。

●親の飼育温度:
 ネプチューンの場合ヘラクレスよりも高山地に生息する為、温度は20℃前後くらいの方がよいと思い
 ます。

●新成虫のブリード:
 羽化後、半年以上の経過が必要で、早くても後食後3ヶ月は熟成してください。

●ワイルドのブリード:
 ワイルドのメスは、あまり生まない個体が多いようで、爆産する個体は非常に少なく
 「産まない」「孵らない」の個体が非常に多いと思います。
 累代をするのでしたら、ブリードのメスの方がよいと思います。

●産卵マット:
 通常のカブトマットで添加剤があまり多く入っていないのが良く、黒枯れの良く醗酵したマットの2次
 発酵初期の乾燥気味のマットを購入し加水して使用してください、マットが密封されていたものならば
 空気にさらしてガス抜きをしてください。

●産卵マットのセットと管理温度
 底から10pくらいを堅めに押し固めます。その上にもう10センチ位を軽く押し固めて、そのままメスを
 セットします。 マットの深さが浅いと産み渋ります。
 温度は18℃くらいの方が結果はよかったです。(産卵した卵が腐りやすい、幼虫が落ちる)
 産卵しないようでしたら20℃でも試してください。

●産卵の開始
 セットしてから1ヶ月〜2ヶ月たって生み出すのも居ますから十分餌を与えて下さい。 
 バナナをメインにし、併用として高たんぱくゼリーを与えます。

●産卵した卵の管理
 卵で取り出したほうが無難です。取り出すと孵化率が悪いという欠点がありますが、マットの中の状態よ
 りよいと思えます。
 取り出して管理する場合は、温度管理と過湿し過ぎない程度の水分量で管理してください。
 注意する点は、取り出し時にキズをつけてしまったり、手で触ったりして雑菌が付着したりしないように
 注意して下さい
 また、プリンカップはエタノール等で消毒し、壁面に沿って穴を開け、そこへ卵を落とし込んでマットを
 かぶせ外から観察できるようにするとよいと思います。
 この際、卵の周りをぎゅうぎゅうに詰めるのではなく、卵が膨らんで大きくなれるスペースを考えて詰め
 てください。カップのマットの表面が乾燥してきたら時々加水して乾燥し過ぎないように気をつければ約
 1〜1.5ヶ月くらいで孵化してくると思います。
 早めに採卵してプリンカップで保管するので、ダニの発生はあまり気にしません。
 線虫が湧いていても害は無いようです。

●幼虫の加齢時の注意:
 1令〜2令、2令〜3令に変わるときに落ちやすいですが3令になると比較的に楽になります。加齢の
 時期には、出来るだけ振動などストレスを与えない事がコツだと思います。
 ちなみにネプチューンは、ヘラクレスより幼虫期間が長く2年〜3年かかります。

●雑学
 ネプチューンやサタンは標高の高い所にいますので、マットの発酵細菌に弱いのだと思います。
 繁殖地の生息腐葉土環境は、原木が木材腐朽菌によって分解されたもので、低地の細菌は生息できない
 ため雑菌に対しての免疫、抵抗力が無いと思われます。
 一般発酵飼育マットのみで25度で飼育するとマット環境は雑菌だらけになりますが、腐葉土を入れ寝か
 せておくと、発酵細菌の増殖が抑えられ、マットが安定します。

 ネプチューンの産卵セットにダニダニ管理者
【質問】
ネプチューンの産卵セットにダニがいます大丈夫でしょうか?

【回答】
ダニが多く発生した場合は、卵が消失することもあるので、新しいマットを使用してプリンカップに取り出
して保管します。
この場合産卵に使用した時と同じマットで新しい物を使用して下さい。
取り出して、保管する場合、ヘラクレス系で8割5分くらいは無事に孵化しています。(参考例)

ネプチューンの場合は、ヘラヘラより孵化率が悪いように言われていますが、やや低温の管理と過湿し過ぎ
ない程度の水分量で管理すれば、高確率で孵化させることが出来ると思います。
注意する点は、取り出し時にキズをつけてしまったり、手で触ったりして雑菌が付着したりしないように注
意して下さい
また、プリンカップはエタノール等で消毒し、壁面に沿って穴を開け、そこへ卵を落とし込んでマットを
かぶせ外から観察できるようにすると良いと思います。
この際、卵の周りをぎゅうぎゅうに詰めるのではなく、卵が膨らんで大きくなれるスペースを考えて詰めて
ください。カップのマットの表面が乾燥してきたら時々加水して乾燥し過ぎないように気をつければ約
1〜1.5ヶ月くらいで孵化してくると思います。
早めに採卵してプリンカップで保管するので、ダニの発生はあまり気にしません。線虫が湧いていても害は
無いようです。

 ネプチューンの3令幼虫の餌マットの変更ネプチューン管理者
【質問】
ネプチューンの3令幼虫を飼っているのですが、このような時期にマットの種類の変更は危険でしょうか?

【回答】
カブト用マットで添加剤があまり多く入っていないのが良くい2次発酵初期の乾燥気味のマットを購入し
加水して使用して下さい。
古いマットをふるいにかけて、糞を取り除き新しいマットとブレンドして下さい。
また、新しいマットは発酵して熱出しますので購入してマットの袋をあけて十分空気にさらして下さい。

 ネプチューンの飼育温度ネプチューン管理者
【質問】
ネプチューンについてなのですが低温がいいとよくいいますが何度くらいがよいのでしょうか?

【回答】
ネプチューンの場合ヘラクレスよりも高山地に生息する為、幼虫成虫とも温度は18〜20℃前後くらいの方が
良いと思いますが、人よっては23℃がよいとも意見があります。
25℃を超える環境はダメなようです。

 ヘラクレスの2令から3令に加齢する直前の重さ飼育(幼虫)管理者
【質問】
ヘラクレスの2令幼虫が3令に加齢する直前の重さを教えてください。

【回答】
加齢するときの重さは、飼育環境等や個体等により、それぞれ違うます。
同一の親でも、重さでは判断しにくいですので計って調べている人も少ないようです。
参考としては、
ヘラクレス・ヘラクレスで12〜18gぐらいで成人男性の小指ぐらいになったら3令になるようです。
ネプチューンは、10〜16gぐらいで成人女性の小指ぐらいで3令になるようです。
もちろん指のサイズも人それぞれですので、見た目の判断です 参考までに・・・


記事表示|全件一覧|ホームページ|新規投稿|オススメ|

Homepage of kuwawakaba